講座


安全技術講座

 原子力エネルギーの安全確保を技術的に担保するために必要な知識群、特に放射線の安全利用、バックエンド、核燃料工学、放射化学、耐震安全システム工学、放射線モニタリング技術などの教育・研究を推進します。原子力安全工学に関する概論、放射線安全に係わる放射線の化学的・生物学的影響に関する講義、核燃料サイクルと廃棄物管理、バックエンド工学、耐震安全性評価、放射線モニタリング技術に関する講義を行います。

  • 炉工学・核燃料安全技術研究室(高瀬和之教授)
  • 加速器応用・新材料設計(鈴木常生准教授)
  • 放射化学・アクチノイド化学(鈴木達也教授)
  • 放射線安全工学・放射線応用(菊池 崇志 准教授)
  • (兼担)熱流動工学(原田 信弘 教授(電気電子情報工学専攻))

協力教員

  • 核工学・臨界安全(片倉純一特任教授)
  • 核燃料・バックエンド工学(小川徹客員教授)

安全マネジメント講座

 事前にあらゆる事象を想定し、リスクを許容限度以下に低減し、安全確保を考えるシステム安全に関わる、安全マネジメント、リスク評価、技術コミュニケーション、原子力安全関連法規、保全工学、保全システムマネジメントなどの教育・研究を推進します。技術者倫理、安全マネジメント、リスク評価等のシステム安全の基礎科目に加え、技術コミュニケーション、原子力安全関連法規、保全システム等に関する講義を行います。

  • システム安全(三上 喜貴 教授)
  • 原子力材料・保全工学(鈴木 雅秀 教授(専攻長))
  • 社会システムマネジメント(佐野 可寸志 教授)
  • (兼担)技術コミュニケーション(大塚 雄市 准教授(システム安全専攻))
  • (兼担)システムリスク分析(福田 隆文 教授・木村 哲也 准教授(システム安全専攻))

先端エネルギー工学講座

 原子力利用の基盤である機械、電気電子・情報、材料、建設、生物などの各分野の専門知識の上に、原子力工学の基盤となる放射線発生、原子炉工学、原子力発電システム、原子力に関連する構造工学・材料工学などの教育・研究を推進します。原子力工学の基礎的知識に関する放射線利用、原子炉物理や構造・原子力材料に関する講義、原子力発電システムならびにその運用・維持管理に関する講義を行います。

  • 放射線物理工学,パルスパワー・粒子ビーム・X線(江 偉華 教授(副専攻長))
  • 極端条件利用材料開発(末松 久幸 教授(専攻主任))
  • 先進設備設計・工学(鈴木 一彦 教授)
  • (兼担)原子力構造工学(岡崎 正和 教授(機械創造工学専攻))

専攻共通のカリキュラム

 原子力システム安全工学に関連するセミナー及び特別実験、原子力に関する学外(海外も含めた)での実習を必修科目として実施します。