本事業の目的

高等専門学校(高専)は、我が国の工業を支える多くの技術者を供給し続けています。原子力の分野もその例外ではありません。しかしながら、高専においても原子力に関わる教育を行っておりますが、高専には原子力の専門学科がなく、放射性物質を取り扱える施設もほとんど無いのが現状です。実践的な原子力技術者の養成では、座学だけでなく、実際に放射性物質・核燃料物質、放射線を用いて、測定技術、取扱技術を学ぶことが重要であると考えております。 本事業では、高専と連続した教育を実施し、原子力専門教育を実施する大学院の専攻を持つ長岡技術科学大学が、高専と連携しながら原子力教育を行なうものであり、全国の高専生と高専専攻科生、長岡技大学部生および大学院生を対象とし、長岡技大の放射線利用施設を活用し、実際に放射性物質や核燃料物質を用いた教育の実施により、実践的な原子力技術者を養成することを目的としております。